Gallery KAZE/ギャラリー風・福岡

kazefacebook.jpg

「アートの風」が生まれる場所



 晴れた空に白い雲が浮かんでいます。ちぎれ雲、いわし雲、うろこ雲、・・・いろいろな形の雲が、風に促されて生まれ、流れ、消えて行きます。そんな空をじっとみていると、雲とは〈風〉が大空のキャンバスに描いたアートだと思えて来ます。
 人が絵を描くのもまた、そんな見えない風の仕業であるかもしれません。体の奥深くから湧きたってくる「生命(いのち)」という〈風〉の流れが、白いキャンバスの上で線や形や色となって絵画を生み出すのではないでしょうか。アートとは、人と自然との出会いから生まれる出来事です。





ギャラリー風
GALLERY KAZE